社会福祉法人聖泉福祉会

さふらん保育園


保育方針と保育目標について


キリスト教精神を基盤とした愛情あふれる保育の中で、以下のことを目標とします。
LinkIcon詳しくはこちら

保育内容について


保育内容は、子どもの全面的な諸機能の発達を促すために、特に次の点を重視します。
LinkIcon詳しくはこちら

お問い合わせ、ご連絡について


京都市西京区大原野西境谷町2-7
Tel:075-331-7622
LinkIcon詳しくはこちら


さふらん保育園の由来と園名

 
1979年4月に開園し、2年後に新館を増築。
敷地面積2,533.38㎡建物面積1,301.12㎡
 
園名は、旧約聖書のイザヤ書35章から取りました。そこには次のように書いてあります。
『荒野とかわいた地とは楽しみ、さばくは喜びて花咲き、さふらんのようにさかんに花咲き、かつ喜び楽しみ、かつ歌う』さふらんはアヤメ科の多年草、うすむらさき色の優美な花を咲かせ、すてきな香りを放つので、古来最も趣のある花として愛されています。また、高貴な薬草としても有名で、飲食物に着色や風味を添えるためにも用いられてきました。生命力が強く、どんな風土の中でも咲き誇る美しい花です。(クロッカス、または水仙と呼ばれることがあります。) さふらんの花燗漫と咲きこぼれるように、自然に強く、個性豊かに、しかも美しく成長させたいという願いをもって開設しました。


園長の願い

さふらん保育園では、特に遊びの中でこそ、あらゆる才能や知恵や情緒や体力が健やかに伸びる子どもたちの特性を重んじ、自由で楽しくいつろいだ雰囲気の中で、1人1人の子どもを大切に育みたいと思っています。


ページの先頭へ